NIPPONSAN

地域性豊かな製品を、その背景も含めて発信する「NIPPONSAN」。
出展にあたり、事前の準備から事後のフォローまで一連の支援を行います。

各地域のモノづくりが引き立て合うステージ

NIPPONSANは、地域のモノづくりの魅力を外部に発信し続けている出展プロジェクトです。それぞれの地域から生まれる様々な製品が、NIPPONSANというステージで互いの個性を引き立て合います。国内ではインテリア ライフスタイル展を中心に出展、2016年夏には全米で最大規模の展示会「NY NOW」に出展し、海外に進出しました。

NIPPONSANが実現すること

出展に向けた課題や不安を解消

展示会出展に不慣れな場合、「何をどうしたら良いか解らない」という担当者も多いことでしょう。NIPOPNSANの支援は単に出展する場を提供するだけなく、展示までのプログラム作成、展示会場のデザイン、告知、販促支援、会期運営協力、販売へのマーケティング支援などが含まれています。

合同出展による相乗効果

展示会の最低申込小間数は通常3m×3m(9㎡)。対して、NIPPONSANは大きなブースをシェアするため、出展アイテムに見合った広さを希望できます。また、複数の参加社で一体感のある会場を計画することで、設営経費の削減にもつながります。さらに、他社との情報交換を通じて、自社課題に対する解決のヒントが得られます。

連続出展中の「NY NOW」とは

毎年1月、8月にニューヨークのジャビッツ・コンベンション・センター(Jacob K. Javits Convention Center)にて開催される全米で最大規模の展示会で、コレクションは主に、ホーム、ライフスタイル、ハンドメイド、ギフトに分かれています。出展する権利を確保するのが難しい展示会の一つとされており、連続出展している当社が申し込むことで審査を優位に進めることができます。

出展者数:約2,700社(45カ国)(2016夏展実績)
来場者数:約23,000人(74カ国)(2016夏展実績)

展示会の成果は準備と比例する

広大なアメリカマーケットでは、大規模な展示会で多くのバイヤーと会うのが効率的です。また、アメリカの展示会は、交渉、受注の場。ですから、販売体制の整っていないブースをバイヤーは信頼しません。緻密な準備を行い、受注を得て、アメリカでのビジネスの方向性を明らかにしましょう。 MORE ▶ MIJPの展示会出展支援

NIPPONSAN Playback(海外)

MIJPでは、NY NOWに2016年夏より連続してNIPPONSANブースを出展しています。
2017年冬からは、豆皿の特集「mame」を展開し、好評を得ています。